読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょいろぐ

モバイルやウェブサービス、旅行に関する個人ブログです。

UAEでプリペイドSIMカードを使う。

みなさん、こんにちは。


プリペイドSIMカードシリーズの記事ですが、単に私が行った先での備忘録的なものですので、どうぞ気楽にお読みください。


さて、今回は、UAE、アラブ首長国連邦です。UAEというと、日本人が行くのは、アブダビかドバイですね。今回はドバイのSIM事情を書いておきたいと思います。


ドバイという都市は、10年ほど前ぐらいから開発された都市で、飛行機で降りていくときに見ると、よく分かるのですが、砂漠の中に突然、大都会が現れる感じです。UAEの政治や経済はアブダビがおさえていて(原油とか)、ドバイは実は観光都市として生きていかないといけない事情があります。ただ、それが功を奏して、今では航空のハブにもなっています。日本から欧州へ行く時に、トランジットでドバイに寄るフライトも多いんじゃないでしょうか(そのほうが安いケースもありますしね)。


さてさて、UAEでの携帯電話キャリアは2社。Etisalatとduです。


Etisalat - Home


Emirates Integrated Telecommunications Company | du


もともとは、Etisalatの1社だけでしたが、duというキャリアもできて、今はやっと2社になりました。イメージ的には、Etisalatがdocomoで、duがSoftBankという感じでしょうか。


ドバイ空港の入管を終わって、出口を左折すると、ショップがいくつか並んでいて、その中にEtisalatとduのショップがあります。


今回、私は、duを選んでみましたが、各国と同じように、カウンターで「プリペイドSIM for iPhone プリーズ」と言うと、「どのコース?」と聞いてきます。


私は、1GBのコースにしました。1GBで100DHS(ディルハム)。おおよそ2,700円ぐらいです。ただこれだけだと、ネットのみです。通話も、となると、さらに55DHSを取られました。


SIMカードを入れても、設定するのが面倒くさい場合は、カウンターの人に言えば、かわりに設定してくれます。SIM購入から設定まで、約10分ほどで完了します。(ちなみに、日本のSIMロックがかかったiPhoneを脱獄してSIMフリー化している人は、現地のSIMカードを認識してくれないことが多いので、要注意です。)


現地に行った際に、現地のネットワークが使えるというのは、本当に安心します。モバイルWiFiルーターを借りて持参するのもいいんですが、WiFiルーターの電池のもちが気になるのが最大のネック。手元で、ぱぱぱっとネットにつなげられるのは、安心感が違いますね。


つい先日、Appleから突然、SIMフリーのiPhone5s/5cが発売開始されました。海外へ行くことが多い人は、SIMフリー機の購入をオススメしますよ。